フェンスや柵の種類について知ろう

フェンスや、柵には様々な種類のものがあります。アルミ形材を使った柵は、シンプルな形状ですっきりとおさまります。材料であるアルミ押し出すことによってできる直線的なラインが外回りを綺麗に演出してくれます。デザインも縦ラインや、横ラインだけでなく、斜めにクロスするラティス格子や、風を通すルーバータイプなど様々な種類があります。自動車のゲートと、門扉が同じシリーズになっていることが多く、柵ともシリーズを揃えることによって建物に一体感を出すことができるようになります。アルミ鋳物でできた柵はデザインが繊細であるということで人気があります。木目調のデザインや、目隠しの目的には、あまり向いていませんが、鋳物が演出する重厚なイメージが、タイルのデザインが施された建物や、洋風の住宅によく合います。

和風の柵や人工の木材を使った柵など

和風のデザインや、竹垣のデザインのフェンスは、笠木が付いている板塀や、竹垣をデザインしている和風の柵のことです。最近の町並みの雰囲気にもなじむ横に板を張った柵や、耐久が高い樹脂で和風の竹垣をそのまま再現した竹垣の柵などもあります。時代の変化によって町並みが、どんどん変化していく中で、残しておきたい和の町並みを、和風の柵が醸し出してくれます。その他の柵の素材としてスチールをメッシュにしたものや、人工の木材を使ったものなど柵には使い道や素材によって色々な種類があります。合成樹脂と木粉に高い圧力をかけて生成した人工の木材を使った柵は、植栽がたくさんある庭に馴染むのでガーデニングが好きな人に向いています。スチールのワイヤーをメッシュ状にした柵はとてもコストパフォーマンスが良く、境界線をはっきり示すのに適しています。

スクリーンフェンスと一般的な柵の大きさ

スクリーンフェンスを、境界線に設置することによって自分の敷地をプライベートなスペースにして使える場所にしてくれます。柱を直接地面に埋め込むことによって2メートル以上の高さにすることもできます。そして、圧迫感がなくなるように、採光パネルを取り入れたり、デザイン性を高めたりといった工夫を、それぞれのエクステリアのメーカーが施しています。ただし、独立した基礎に柱を埋め込むことになるのでブロック塀の上に取り付けることは基本的にできません。ほとんどの柵の幅は、およそ2メートルぐらいであることが多いですが、高さについては60センチメートルから120センチメートルまで20センチメートル単位で調整することができるようになっていることが多いですが、デザインに応じて違ってくることがあります。