フェンスや柵を選ぶ時のチェックポイントとは

フェンスは、自分の家の外観を決定するために重要な場所なため、デザイン性と、機能性の、どちらも大切にしながら選ぶ必要があります。大人の身体の目線の高さから家の中の様子を隠しておける高さは一般的に、180センチメートルぐらいとなっています。ですので、柵全体を180センチメートルから200センチメートルぐらいの高さを目安として建てるというのがチェックポイントの一つになります。ブロック塀の上に設置するときには、高さがブロック塀と柵を合わせて180センチメートル以上になるように設置する必要があります。しかし、隣の家のブロック塀や、柵の高さに応じて外観のバランスをコントロールすることも必要になってくるので、必ずしもブロック塀と柵を合わせた高さが180センチメートルから200センチメートルぐらいまでが一番良いとは限りません。

明るいカラーを選んで圧迫感を与えない

目隠しの目的で建てられるフェンスは、外から家の中の様子が見えないように建てられることが大きな前提ではあるのですが、高さや、素材によっては圧迫感を与えてしまうので注意する必要があります。重厚感があるデザインや、暗い色の柵では、息苦しくて狭い印象を与えてしまう可能性があります。できるだけ淡いベージュや、白などといった、明るいカラーの柵を選ぶというのが大切なチェックポイントフェンスの一つとなります。家全体の見た目の印象を柵自体が引き締めてくれるため、色が個性的過ぎる柵を選んでしまうと、変な目立ち方をしてしまうことがあるので注意する必要があります。柵は家の外からだけでなく、家の内側からの景色にも大きな影響を与えるので、近所に建てられた良い柵があれば、参考にするのも良い方法の一つになります。

風通しや採光性が良い柵を選ぶのがチェックポイント

高さがあるフェンスは、取り付ける方角や、位置にもよるのですが、家の風通しや、光の差し込み方に影響を与えてしまいます。できるだけ、あまり太陽光を遮らず、風を通しやすい形状の柵を選ぶというのが大切なチェックポイントの一つとなります。竹垣などは、風を通しやすいので、夏に涼しげな雰囲気を与えてくれます。ガーデニングを好んでしている人であれば、網目が細かくない柵に植物のつるを絡ませて、植物で目隠しをしたり、大きな花を植えてみるというのも良い方法の一つになります。最終的に、外から見たときも、リビングや、庭から見たときも、良い印象を与えるデザインの柵を選ぶようにする必要があります。柵の建て方に詳しいエクステリアのリフォーム業者などに相談してみるのも良い方法の一つとなります。